アレルギーってなんだろう? アレルギーに関するQ&A アレルギー度チェック

スキンケア

数あるアレルギー性疾患の中でも、最も多いとされる「アトピー性皮膚炎」。この症状が悪化しているところはもちろん、いっけん正常にみえる皮膚でもバリア機能は低下していて、皮膚炎を悪化させる因子が皮膚中に入り込みやすくなっています。よって、治療の基本として日々の「スキンケア」は欠かせません。正しい方法を身に付け、アトピーを上手にコントロールしましょう。

スキンケアのススメ

バリア機能 保湿因子アトピー性皮膚炎の場合、正常にみえる皮膚でもバリア機能と保湿因子が低下してドライスキンの状態におかれ、汗や汚れなどに対しても過敏になり、これが弱いかゆみの原因となることもあります。

よって、かゆみをコントロールする上でもドライスキンのケアは欠かせません。石鹸で汗や汚れを落とし、皮膚を清潔にしてから乾燥しないように保湿剤や外用薬を塗り、バリア機能を回復させます。

そうすれば皮膚の表面にアトピー性皮膚炎を悪化させるものが多少付いたとしても、痒くなったり、湿疹になったりすることはありません。

スキンケアの基本「入浴(シャワー)」を極める!

基本となるスキンケアは「入浴」あるいは「シャワー」です。原則的には1日1〜2回、汗や汚れとともに細菌をはじめとする悪化因子や古い薬などをキレイに洗い流しましょう。

なお、入浴の仕方は以下の通りとなっています。

湯船に浸かる お湯に浸かると毛穴が広がり、汚れや石鹸もよく落ちます。よって、時間があるときは湯船に浸かりましょう。ただし、かゆみが増すような熱いお湯は避けてください。
洗う 刺激の少ない石鹸をよく泡立て、ゴシゴシ擦らないよう手や柔らかいタオルで上から下へと順に洗っていきます。特に、耳の後ろや首回り、脇の下、関節の内側などは洗い残しが多いので、注意しましょう。
すすぐ 洗い終わったら、石鹸が残らないようにシャワーで十分にすすぎます。洗うときと同様、耳の後ろや首回り、脇の下、関節の内側などはすすぎ残しが多い部分なので、特に注意してください。
ドライ&ケア お風呂から上がったら、タオルで体を押さえるように軽く拭き、湿り気のあるうちに保湿剤や外用薬を塗りましょう。見た目には良くなっていてもバリア機能が十分に回復していないこともあるので、スキンケアと保湿はしばらく続けてください。

症状が悪化したら…

シャワー症状が悪化しているときも、基本的には「入浴(シャワー)」を行います。はじめのうちは傷になっている部分が痛むかも知れませんが、我慢してスキンケアを続けていくうちに傷口がふさがり、痛みも治まってくるはずです。

また、引っ掻いてジクジクしたところを拭いたときは、必ずタオルを取り替えましょう。そこには細菌が増えている可能性があり、タオルを介して他の場所に感染が広がってしまう恐れもあります。

アトピー性皮膚炎がひどい場合は、保湿剤だけに頼っていられません。一旦悪くなってしまった皮膚炎を抑えるには、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を使う必要があります。

COLUMN:保湿剤の選び方

保湿剤は医師が処方してくれるものもありますが、市販品も数多くあります。ただし、市販品には着色料や香料、保存料などが含まれているものも多く、それらは肌に悪影響を及ぼすことがあるので十分注意しましょう。

また、配合成分が明らかでないものの使用も避けた方が無難です。何も知らずに購入すると後々大変なことになるので、購入する際は必ず成分表示を確認してください。

さらに、使い始める前には腕などの目立たない部分で、なおかつ傷口がない場所に少量塗り、かぶれなどの症状がでないかを確かめましょう!


アレルギー?アトピー花粉症鼻炎喘息蕁麻疹動物食物金属アナフィラキシー
検査生活習慣|スキンケア|Q&Aチェックホームリンクサイトマップ
Copyright (c) 2013 アレルギー百科 All Rights Reserved.