アレルギーってなんだろう? アレルギーに関するQ&A アレルギー度チェック

アトピー

アレルギーの中でも痛々しく、辛い症状を伴う「アトピー」。ギリシャ語で“奇妙な”“とらえどころがない”という意味を持つ言葉通り、その病態はさまざまで、原因についても未だ十分な解明には至っていません。
しかし、そんな奇妙な病気が年々増え続けているというから驚きです。そこで、今回はアレルギー疾患の1つ「アトピー」について調べていきます。

アトピーとは

皮膚炎アトピー(アトピー性皮膚炎)は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら長きにわたって続く皮膚炎で、「強いかゆみ」と「治り難い湿疹」が特徴です。

強いかゆみに耐え切れず患部を掻きむしることで症状が悪化し、さらにかゆみが強くなる・・・という悪循環をしばしば繰り返します。

原因

この病気の原因には諸説があり、未だ特定には至っていません。以前はハウスダストやダニなどのアレルゲンに過剰反応する「アレルギー体質」が原因とされていましたが、ここ最近の研究では必ずしもそれだけではなく、皮膚のバリア機能の低下が深く関与していることがわかってきました。

つまり、アトピー性皮膚炎は生まれつき皮膚を守るバリア機能が低下していて、そこにアレルゲンやストレスなどが加わって症状が悪化する・・・というわけです。

アトピー素因  アレルギーを起こしやすい体質の人がさまざまなアレルゲンに反応したり、外的刺激を受けたりした時にアトピー性皮膚炎が起こると考えられています。
 さらに、アトピー性皮膚炎の肌は健康な肌に比べて皮膚のバリアが低下しているため、皮膚が乾燥しやすく、そこから細菌やアレルゲンが侵入し、症状を悪化させてしまうのです。
悪化因子  アトピー性皮膚炎の症状を悪化させるものとしては汗や汚れ、ハウスダスト(ダニやカビなど)、花粉、動物、細菌、石鹸、シャンプー、リンス、化粧品、衣類、ストレス、食べ物などが考えられています。
 ただし、悪化因子は年齢や環境、生活スタイルによっても異なるため、それぞれの状況をよく確認したうえで対策に講じることが重要です。

主な症状

アトピー性皮膚炎の代表的な症状は、皮膚にできる湿疹とかゆみです。また、症状が年齢によってそれぞれ異なるという特徴もあります。

年齢別の症状

乳児期 顔を中心に赤くガサガサした湿疹ができたり、首や肘にも同様の湿疹が現れたりしますが、脂漏性湿疹やオムツかぶれとの区別がし難いこともあります。
幼児期 手足に湿疹が現れることも多く、カサカサして鳥肌のような白い点々とした盛り上がりが見られるようになります。一方で、顔にはあまり症状が現れません。
学童期・思春期 肘や膝、首などの関節に慢性化した湿疹が目立ってきますが、成長するにしたがって症状はよくなってきます。

治療法

スキンケアアトピー性皮膚炎の治療はスキンケアをはじめ、アレルギー反応および炎症の抑制という3点に分けられます。まずは湿疹の症状を改善し、それが治まったら皮膚炎を防ぐための治療が施されます。

皮膚炎の症状や程度は人それぞれなので、使われる方法や手順もさまざまです。きちんと医師の診察を受け、気長に治療および予防することが大切です。

薬物療法 外用薬 アトピー治療に用いられる外用薬の中で、最も代表的なものが「ステロイド」です。これはもともと人間の体内にあるホルモン(副腎皮質ホルモン)を化学的に合成したもので、過剰な免疫反応を抑えてくれます。 副作用もありますが、医師の指示に従って正しく服用すれば何ら問題ありません。ステロイド外用薬には強さのランクがあり、それらを専門医が上手に使い分ければ効果的な治療が望めます。
内服薬 アトピー性皮膚炎は強いかゆみを伴う病気で、それに耐え切れずかきむしると、さらにかゆくなる・・・という悪循環に陥り、症状が悪化することも少なくありません。この悪循環を断ち切るためにも、内服薬を用いることがあります。 主な内服薬は「抗ヒスタミン剤」や「抗アレルギー剤」ですが、就寝時にかゆくて寝られないという場合は「睡眠導入剤」が処方されることもあります。また、補助的に「漢方薬」が処方されることもあるようです。
生活習慣の改善 皮膚の清潔を保つのはもちろんのこと、こまめに掃除することで部屋を清潔に保ったり、適温・適湿の環境を作ったり、規則正しい生活を送るなど生活習慣や環境を見直すことで、アトピー性皮膚炎が劇的に改善することもあります。 また、食物に対するアレルギーも原因の1つです。アレルゲンである食物を除去してアレルギー反応が起こることを未然に防ぎ、アトピー性皮膚炎が活発化することを抑えることもできますよ!
カウンセリング 目にみえる刺激に限らず、精神的ストレスもアトピー性皮膚炎を悪化させる一因です。こうした心の問題を解決するためには診察やカウンセリングを通じて、担当の医師とストレスや悩みなどについて話し合える関係を築くことも大切です。 医師との間に信頼関係が生まれれば体質的な面だけでなく、精神的な面からも治療を進めることができるので、よりスムーズな治療が期待できますよ。なお、アトピー性皮膚炎の治療にあたっては必ず専門医(皮膚科)を受診してください。

アレルギー?|アトピー|花粉症鼻炎喘息蕁麻疹動物食物金属アナフィラキシー
検査生活習慣スキンケアQ&Aチェックホームリンクサイトマップ
Copyright (c) 2013 アレルギー百科 All Rights Reserved.