アレルギーってなんだろう? アレルギーに関するQ&A アレルギー度チェック

アレルギー性鼻炎

風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどの症状が出るアレルギー性鼻炎。症状が出ている間はティッシュが手放せなかったり、集中力が低下したりと、本人とっては辛い病気です。そんな「アレルギー性鼻炎」について考えていきます。

アレルギー性鼻炎とは

通年性アレルギー性鼻炎はハウスダストやダニ、花粉など、体にとっては異物である抗原(アレルゲン)を鼻の粘膜から吸入することで体内に抗体ができ、何度かアレルゲンを吸い込んでいるうちに抗体が増え、やがてアレルギー症状が起こってくる病気です。

アレルギー性鼻炎は「通年性」と「季節性」に分けられ、通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンはハウスダストやダニ、ペットの毛、カビなど季節に関わらず存在するものなので、年間を通して症状がみられます。一方、季節性アレルギー性鼻炎のアレルゲンはスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉なので「花粉症」とも呼ばれ、一定の季節にしかみられません。

また、花粉症の場合は目のかゆみや充血、涙目などを伴うケースも多いようです。なお、季節性アレルギー性鼻炎に関しては【花粉症】のページでも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

原因

アレルギーをもつ人が特定の抗原を鼻から吸い込むと、アレルゲンに対抗するための抗体(IgE抗体)が産生され、その抗体がアレルゲンと結びつくことでヒスタミンなどの化学物質が出て鼻の粘膜を刺激します。

抗原となるものの多くは呼吸によって体内へと入り込む「吸入性」のもので、その代表とされるのが「花粉」と「ハウスダスト」です。ハウスダストとは寝具や敷物、衣類などから出てきた塵やホコリを意味し、綿や絹、羊毛、化学繊維のほか、人やペットのフケ、垢、毛、ダニ、カビ、細菌など実に雑多なものが含まれています。

ほかにもカビ類やそば粉、きのこの胞子など、実にさまざまなものが抗原となり得るのです。

主な症状

アレルギー性鼻炎の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」とされ、これらは日常生活に支障をきたす非常に厄介なものです。

マスクくしゃみが何度も出るため集中力が低下したり、夜眠れなくなったりします。鼻水が止まらないため何度も鼻をかみ、結果的に鼻の頭が真っ赤になってしまったり、皮がむけてしまったり・・・なんてことも。

また、鼻詰まりがひどくなるとニオイが感じられなくなったり、両鼻が詰まって口呼吸を余儀なくされたりもします。口呼吸になると喉がカラカラに渇き、さまざまな病気を引き起こすとも言われているので、十分に注意しましょう!

治療法

薬アレルギー性鼻炎の治療法を紹介していきます。

治療法としてあげられるのは、抗原(アレルゲン)の除去と回避をはじめ、薬物療法、減感作療法、手術療法があります。


抗原の除去と回避 アレルギー性鼻炎になるかどうかは、その人自身の遺伝的な体質によるところが大きいため、完全に予防することは困難です。 しかし、生活環境から原因となる抗原(アレルゲン)を取り除き、接触を避けることで症状を軽くすることができます。
薬物療法 化学物質遊離
抑制薬
化学物質遊離抑制薬はIgE抗体の産生を抑制するほか、鼻粘膜の神経や血管に作用する化学伝達物質(ヒスタミンやロイコトリエンなど)の放出を抑えるものです。 すでに現れている症状への即効性は少ないため、予防的治療として用いられます。
抗ヒスタミン薬 血清病の腎炎、関節炎、糸球体腎炎
SLEの腎炎、過敏性肺炎など
第一世代 抗ヒスタミン作用のみで、抗アレルギー作用はありません。即効性がある代わりに、副作用として強い眠気を伴います。
第二世代 抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用があり、前者は比較的早くに現れますが、後者は効果が出るまでに約2週間かかります。また、副作用が少ないのも特徴です。
ステロイド薬 重度の症状にも強力な効果を発揮すると同時に、さまざまな副作用を招くこともあるので、使用する際は医師の指示に従って用法・用量を守りましょう。 なお、ステロイド薬には局所ステロイド(点鼻薬)や経口ステロイド薬(飲み薬)などがあります。
その他 その他の薬としてサイトカイン阻害剤、ロイコトリエン受容体拮抗薬、トロンボキサン受容体拮抗薬などが用いられます。 また、体質改善を目的とした漢方薬が処方されることもありますが、種類が多い上に体質との相性もあるので、その分野に長けた医師に処方してもらいましょう。
減感作療法 原因となるアレルゲンのエキスを薄い濃度から少しずつ皮下注射し、からだをアレルゲンに慣らしてアレルギー反応が起こり難くなることを期待する治療法です。 数年間という長期の治療になりますが、完治することもあります。
手術療法 重度の鼻詰まりで、なおかつ薬物療法で改善がみられない場合には手術をすることもあります。 レーザー手術や電気凝固法、凍結手術のほかに、粘膜を切除する手術や鼻腔の通気を改善する手術、鼻水を止める神経切除術などがあります。

私のアレルギー性鼻炎

私は小学校高学年でアレルギー性鼻炎になりました。春先になると鼻が痒くなり鼻水が止まりません。初めは風邪か何かと思っていたのですが、先に母が耳鼻咽喉科でアレルギー性鼻炎だと判明し、私も耳鼻咽喉科に行ってみると、同じくアレルギー性鼻炎だと分かりました。

詳細な検査の結果、私の主なアレルゲンはスパイクタイヤ等が削り出した道路の粉でした。私は治療として減感作療法を受けることになりました。この減感作療法という治療はとても痛くて辛いです。何せ薄めてあるとはいえ、アレルギーの原因となるアレルゲンを直接体に注射するわけですから、とても痛いです。針を刺す時ではなく液体が体に入ってくるときに痛いのです。

あまりの痛さに耐えかねて、治療半ばで病院に行くのを止めてしまいました。その後の規制でスパイクタイヤは無くなり、道路の粉も無くなったため、自然と私のアレルギーも収まりました。


アレルギー?アトピー花粉症|鼻炎|喘息蕁麻疹動物食物金属アナフィラキシー
検査生活習慣スキンケアQ&Aチェックホームリンクサイトマップ
Copyright (c) 2013 アレルギー百科 All Rights Reserved.