アレルギーってなんだろう? アレルギーに関するQ&A アレルギー度チェック

花粉症

花粉症はスギやヒノキ、イネ科などの花粉が原因でアレルギー症状を起こす病気です。花粉が舞う季節になると、マスクや眼鏡が手放せない・・・という人も多いのではないでしょうか?基本的な知識を身に付けて症状を和らげ、不快な季節を少しでもラクに乗り切りましょう。

花粉症とは

スギ花粉「花粉症」とは、花粉が飛散する季節にだけ症状が現れる季節性のアレルギーで、植物の花粉に反応してくしゃみや鼻水などを引き起こします。

アレルギー反応を起こす原因となる物質(抗原)を「アレルゲン」といいますが、花粉症の代表的なアレルゲンは「スギ花粉」です。

他にもヒノキやブタクサ、ヨモギ、カモガヤなど約50種類もの植物が花粉症の原因として報告されています。現在、日本人の約2割が花粉症だとされ、その人口は今後も増え続ける見込みです。

原因

花粉症患者が急激に増えた原因として、これまで2つのことが考えられていました。まず、戦後の国の造林計画によってスギ花粉が増加したこと。そして、車の排気ガスや工業化による大気汚染の影響で鼻の粘膜が弱ったことです。

さらには、最近になった腸の免疫システムの崩れも花粉症に深く関係しているということが明らかになりました。特に、小腸は食べ物を消化・吸収する臓器であると同時に、からだ全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っています。

免疫システムにおいて重要な役割を持つ小腸の免疫細胞の数や質のバランスが崩れると、アレルギーの病気になりやすくなることがわかってきたのです。しかし、詳細については未だ解明されておらず、今もなお研究が進められています。

花粉の種類と飛び方

飛散範囲が狭い、あるいは量が少ないものもありますが、真夏と真冬の短い期間を除いてはほぼ年間を通して何かしらの花粉が飛んでいます。

シラカバ一方で量や範囲が圧倒的に多いのは風によって花粉が運ばれる風媒花で、中でも多いのは「スギ花粉」です。

しかし、スギが存在しない地域ではスギ花粉症がなかったり、その代わりにシラカバ花粉症が多かったりと、地域によって特色があります。

また、日本列島は南北に長いため、飛散時期も地域によりけりです。

  特徴 種類 時期 地域
主に樹木の花粉が飛散する時期で、花粉症を発症する人も多い季節です。 スギ 2〜4月 北海道を除く全国
ヒノキ 3〜5月 関東以南
シラカバ 4〜5月 関東以北
主にイネ科の花粉が飛散する時期で、発症時期が遅い人はこの花粉が原因の可能性も。 カモガヤ 4〜7月 全国
ハルガヤ 4〜7月 全国
ホソムギ 4〜7月 全国
主にキク科の花粉が飛散する時期で、季節柄カゼとの判断が付き難いことも。 ヨモギ 8〜9月 全国
ブタクサ 8〜10月 全国
オオブタクサ 8〜10月 北海道を除く全国

主な症状

花粉と接触してから数分〜数時間でくしゃみや鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、涙、充血などの症状が現れます。症状を繰り返すと喘息発作が起こることもあり、そのほか皮膚や喉のかゆみを訴えるケースも少なくありません。

また、胃や腸などがアレルギーを起こすと消化不良や食欲不振、便秘、下痢になったり、偏頭痛を伴ったりすることもあります。

治療法

ナース症状発現後の治療方針などについては、通年性【アレルギー性鼻炎】とほぼ同様です。ただし、花粉症は予防的治療法(初期療法)によって症状を軽くすることができます。

初期療法の開始時期は、花粉飛散開始の約2週間前が目安です。よって、自分がどの花粉にアレルギーがあるのか、その花粉はいつ頃から飛散するのかを把握することで、この予防的治療が可能になります。


アレルギー?アトピー|花粉症|鼻炎喘息蕁麻疹動物食物金属アナフィラキシー
検査生活習慣スキンケアQ&Aチェックホームリンクサイトマップ
Copyright (c) 2013 アレルギー百科 All Rights Reserved.