アレルギーってなんだろう? アレルギーに関するQ&A アレルギー度チェック

動物(犬・猫)アレルギー

ペットを飼っている人であれば、誰もが一度は「アレルギー」を心配したことがあると思います。たとえ自分が平気だとしても、家族や友達など自分のペットと接する機会のある人がアレルギーを持っている可能性もあるので、100%心配ない・・・とはいえません。

動物(犬・猫)アレルギーとは

ペット住宅環境の変化から、室内で「ペット」を飼う人が増えてきました。しかし、これも重要な抗原(アレルゲン)の1つです。

イヌやネコ、ハムスター、小鳥などの毛やフケ、糞、唾液などが抗原となります。特に、猫のアレルギー症状は強く、猫を抱くと急に目が痒くなったり、結膜が赤くなったり、鼻水やくしゃみが出たり、蕁麻疹や喘息の発作が出たりすることもあります。

また、最近は「ハムスター」を飼育する人が増えたと同時に、その咬傷によるものとみられるアナフィラキシーショックの症例も多く聞かれるようになりました。

原因

主な原因は「動物の毛」で、長い時間接触していると起きることが多いようです。その他、フケや唾液、尿、動物につく虫(ダニなど)やその死骸が原因ということも考えられます。

動物アレルギーの原因物質は主に「(ペットの)毛」とされていますが、からだがペットに触れることで付着する成分に反応したり、ゲージに使う敷材に反応したりすることもあります。

体毛 毛(あるいは羽)を持つ動物を飼う限り、この体毛から免れることはできません。日々抜け落ちる毛は、いくらこまめに掃除をしたところで完全に除去することは不可能です。
フケ フケを防ぐためにはペットの皮膚を清潔にすることが一番の防衛策ですが、あまり頻繁なシャンプーはかえってペットの皮膚を傷めてしまうため、現実には難しいといえます。
唾液 唾液に関しては、犬や猫に肌を舐めさせるなどの行為をしなければ、アレルギーを起こす心配はまずないと思われます。
尿 尿についてはよっぽどのことがない限り人間のからだに触れることがないので、極端に重視することはないと思います。しかし、猫の発情期(マーキングなど)には要注意です。

主な症状

一口に「動物アレルギー」といっても、さまざまな症状を呈しますが、中でもハムスターやフェレットは症状が強く出やすいとされています。これらの動物に噛まれると急激に呼吸困難や意識が低下するアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、注意が必要です。

治療法

ペットを飼う前にアレルギーが発覚すれば、ペットを飼わないようにするか、もしくは室外で飼うか・・・などの選択肢があります。しかし、もうすでにペットを飼っている・・・という人はどうでしょう?

犬病院では「ペットを手放しなさい」といいますが、一度でも一緒に暮らしたペットをそう簡単に手放すことなんて出来ません。この病気はアレルゲンが体内に入ることで発症する以外に、精神的なストレスがその症状を悪化させることもあります。

ペットを手放すことで“精神的ストレス”を抱え込むことになれば、元も子もありません。

そこで、今回は“治療”という視点を少し変えてみて、「アレルギーを抱えながらもペットと共存する方法」について考えていきたいと思います。まず、ペットの毛やフケは布製のものに付着しやすいので、カーペットを取り外し、カーテンもブラインドに替えて毎日掃除機で吸い取るようにしましょう。

この際、布製の家具(ソファなど)も徹底的に掃除します。また、部屋の壁(土壁以外)はこまめに拭き掃除し、空気清浄機も設置すれば、より効果的です。さらに、犬や猫の場合はシャンプーをすると多少なりともアレルゲン量が低下するといわれています。

犬だけでなく、猫も1ヶ月に一度くらいはお風呂に入れる習慣をつけましょう!


アレルギー?アトピー花粉症鼻炎喘息蕁麻疹|動物|食物金属アナフィラキシー
検査生活習慣スキンケアQ&Aチェックホームリンクサイトマップ
Copyright (c) 2013 アレルギー百科 All Rights Reserved.