蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹は比較的よくある病気で、15~20%の人が一生のうちに一度は経験するとされています。食べ物や薬に対する「アレルギー反応」として起こることも多いのですが、他にも寒さや暑さ、運動、圧迫、日光などのいわゆる「外的刺激」によってもたらされることもあり、その原因はさまざまです。そんな蕁麻疹の原因やしくみ、治療法とは何でしょうか。

[スポンサードリンク]

蕁麻疹とは

発疹

皮膚にかゆみを伴う赤い輪郭の発疹ができ、これが一定時間のうちに出没するものを「蕁麻疹(じんましん)」といいます。

蕁麻疹には急性のものと慢性のものがあり、急性蕁麻疹は食品や薬品、その他の抗原によるアレルギー反応によるものです。慢性蕁麻疹は内臓の病気や精神的ストレス、寒冷や温熱、人工的な刺激などによって生じるものや急性蕁麻疹を繰り返しているケースがあります。

原因

蕁麻疹の原因としては体のアレルギー反応による場合をはじめ、人工的な刺激や温熱、精神的ストレスなど多用なパターンが考えられます。

中でも、アレルギー性蕁麻疹は一般的で、原因となる抗原(アレルゲン)も魚や卵をはじめとした食品、抗生物質などの薬剤、花粉やハウスダストなど、実にさまざまです。アレルギーの人がこのような抗原からの刺激を体に受けると、体内の肥満細胞から「ヒスタミン」と呼ばれる化学物質が放出されます。

これはある種の食品や薬剤、あるいは引っ掻くなどの物理的な刺激によっても生じ、その働きによる症状として皮膚に蕁麻疹の発疹が起こるのです。

アレルギー性蕁麻疹 食べ物や薬品、化学物質などが原因となる蕁麻疹で、この発症にはⅠ型アレルギーが深く関与しています。すぐに症状が現れ、短時間で治まるのが特徴です。
コリン性蕁麻疹 運動や精神的緊張、入浴などの温熱刺激によって汗が出る際にあらわれる蕁麻疹です。皮疹の大きさは1~4mmと小さく、痒みに加えてピリピリとした痛みを伴う場合があります。
日光蕁麻疹 日光が当たった部分のみに、その直後から膨疹が現れる蕁麻疹です。日光にさらされてから数分で発症しますが、日のあたらない状態になると1~2時間以内に消失します。
温熱・寒冷蕁麻疹 温水や温風によって体の特定部分の温度が上がった際、その部位に生じるのが「温熱蕁麻疹」です。一方、冷水や冷風にさらされて体の特定部分の温度が下がったときに生じるものを「寒冷蕁麻疹」といいます。
機械性蕁麻疹 時計のバンドやベルト、下着のゴム、アクセサリー類の接触部分、バックを持っていた手首などのように皮膚が機械的に擦れたり、締め付けられたりする部分に生じる蕁麻疹です。
その他 ストレスやヒステリー、てんかん、自律神経失調症などの精神的な問題が蕁麻疹となって現れる「心因性蕁麻疹」をはじめ、扁桃腺や虫歯、副鼻腔炎などが原因となる「病巣感染による蕁麻疹」などがあります。

主な症状

病院

蕁麻疹はからだのどの部位にもできますが、顔面や胸腹部、大腿部などに出来やすく、目の周りや唇、口の中の粘膜が腫れることもあります。

発疹は小さいもので2~3mm、大きいものだと手の平大まであり、形も丸いものや地図状のものなど、実にさまざまです。

重症の場合は皮膚だけでなく、気管支や腸などの粘膜にも発疹ができ、息苦しさや呼吸困難、下痢、腹痛を伴います。死に至るケースもあるので、このような症状が出たときは早急に病院へ行きましょう。

[スポンサードリンク]

治療法

大気汚染

蕁麻疹の治療法は、その原因を除去または回避することが先決です。ただし、原因がわからないことも多く、その場合は対症療法がメインとなります。

原因の回避や除去 検査によって蕁麻疹の原因が特定できれば、これを回避および除去する治療が行われます。ただし、あまり神経質になり過ぎるのも如何なもの。食品や食品添加物が原因となっている場合で、なおかつ日常の献立から外し難いものは摂取量を一定量に制限するなど、無理のない制限を心がけてください。
減感作療法 原因となる物質が生活していくうえでどうしても回避・除去できないもの(ハウスダストなど)の場合、その物質の10~100倍に薄めたエキスを継続的に注射して、からだを慣らしていく「減感作療法」が用いられることもあります。ただし、この効果については個人差が激しいようです。
薬物療法 蕁麻疹は「掻く」ことで症状が広がるので、それを防ぐために用いられるのが「薬物療法」です。一般的に、蕁麻疹の発疹や痒みを抑えるには「抗ヒスタミン剤」を配合した内服薬が用いられますが、痒みの強い部分には同様の成分を配合した外用剤が処方されることもあります。
[スポンサードリンク]
ページの先頭へ
HOME | プライバシーポリシー